お知らせ

投稿日:

ビジネスマッチング


先週、独立行政法人 中小企業基盤整備機構 近畿本部 が主催されました支援認定事業者とUDS株式会社様のお話(セミナー)を交えての、交流会に参加して来ました。

支援認定事業者9社(1社は急用の為欠席)のうちの1社として商品紹介を皆さんの前で発表させていただく貴重な経験もして参りました。

UDS株式会社様からは3名の方より、[地域資源を活かした施設設計とまちづくり]をコンセプトとした取り組みの中で、共感する話の内容や感銘を受ける想いを色々聞かせていただきました。

詳しくは下記に載せたUDS株式会社様のHPに記載されています。

(写真掲載していただきました。ありがとうございます。)

https://www.uds-net.co.jp/?p=11670&post_type=article&preview=1&_ppp=426aa9c21c

UDS株式会社様の話もさることながら、参加されておられた企業の方のものづくりへの姿勢や想いにも、とても心を揺さぶられる内容がふんだんにあって、改めてものづくりへの意識を考えさせられる貴重な時間を過ごすことが出来ました。

モノを作る喜び。

その礎にあるもの、心の底辺に大切に留めて置かなければならないもの。

情熱、創意工夫、感性、プロセス、人への想い、モノへの思い。そこへ行き着くまでのものがたり。

ヒトもモノも大切に。

モノ(素材、資源、環境)を大切にする事で、ユーザーから作り手までの人がモノに込める大切な想いや心を知ることができる。

モノを手に取る人々の笑顔を大切にする為には、作り手同士も尊重し尊敬しあい、モノに対する真摯で謙虚な姿勢を共有して結果的により良いものが提供できる。

感覚や感性など、空気のような存在を意識して表現する事で、既存の感覚だけに囚われない、自由でユニークな発想を身に付ける事ができる。

より良いモノを作るためには技術向上はもちろん、常に考え続けることで一瞬の閃きや気付きに敏感になれる。

そこで感性は磨かれ、より上質を求めることに努力できる。

その飽くなき繰り返しによってそこに道が、ストーリーが生まれる。

そんな事を懇親会が終わった帰り道、電車に揺られながら思っていました。

そして、沢山の想いを身体に浴びたせいか、火照るような感覚に包まれて喉が渇き、家に帰る前に会社に寄り、コンビニで買った缶ビール片手に改めてモノづくり、ステンレスなどの金属への熱い想いが沸き上がった一日でした。

CHROMES株式会社
〒581-0039  大阪府八尾市太田新町2丁目104番地の10
電話:072-920-0277 FAX:072-920-0288

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

New era

New era

こんばんは。 本日4月1日。 年度が変わり、新元号、令和が発表されましたね。 新しい風を感じます。 …

掲載

掲載

先日、日刊工業新聞社様の取材を受け、本日記事が掲載されました。 KANAMOがおもてなしセレクション …

Passivation film

Passivation film

本日はステンレスの看板を溶接する作業が有りました。 ステンレス1.5㎜厚の板同士を突き合わせて溶接し …

最近の投稿

2020/07/02

掲載

2020/06/30

刻む。

2020/06/01

お知らせ

2020/05/30

カタログ作り

2019/12/03

モノをつくること。